【グラブル】復帰しました!今まで辞めてた理由を語る

タイトルの通り、グラブル復帰しました!

去年の今頃結構頑張っていたグラブルですが、確か2月あたりから?やる気がなくなってログインすらしなくなってました。が、こないだのゆく年くる年のあの100連ガチャで戻ってきて(笑)緩くでもやっとこうかなぁって思ったんです。

サプチケやスタレ引いてたし、もったいないかなって笑

今回はそんな私のグラブルに対する思い(めんどい・やっとくか・これくらいでいいや感)をメモする感じでまとめます。

ちい

これからグラブル始める人、すでにグラブルめんどくさい人、中途半端勢(私です)は面白半分で読んでみるといいかもよ。

第一弾は『今までグラブルを辞めていたわけ』です。どうぞ。

グラブルをなぜ辞めたか

私がグラブルで心が折れたきっかけや理由なんですけど、考えてみて思いついたのは以下の3つでした。

  1. 日課(特にカジノ・共闘)がめんどい
  2. 武器のインフレについていけなくなった
  3. 騎空団(きくうだん)の会話がめんどい

日課(特にカジノ・共闘)がめんどい

やめる直前くらいから日課の量がひどいなって思い始めたんです。当時私がやってた日課はこんな感じだったんですけど・・・

  • 島ハード3×6
  • 島マルチ3×6
  • 島ハイレベル2×4(闇・水以外?)
  • 古物商・騎士道などの素材フリクエ上限まで
  • カジノ1日50万
  • 共闘ミッション
  • アーカルムチケット1枚分
  • マニアック2回

たぶんもっとあったけど、思い出したくないのか靄がかかって…うっ

これにイベントがあればイベントミッション、イベント素材集め、イベントマニアック2回などなどが増えていくわけで。しかも、武器が増えて処分する目的で強化するけど、それすらめんどくて。ああああああああああああ!!!

ちい

個人的に最もイライラしたのはカジノ(負け続けると時間がかかる)、次に共闘(集まらない・時間かかる)、その次がアーカルム(地味に時間かかる)です。時間かかるのはほんと死ねる。

これら日課を全てこなすのに、毎日アサルトタイムフル稼働して(アサルトタイムが完全にグラブルしかできない状態が辛かった)それでも3〜4時間グラブルに費やしてた記憶。

まじで辛かったです。

武器のインフレについていけなくなった

ちょうどやめる直前、マグナ2が実装することが決まったんです(確か)。この情報を聞いた私は、日課で疲れてた上に「え、武器さらに強くなるの?」と辟易してしまったんです。

ちい

随分前にやってたとあるゲーム(結構面白くて廃人並みにやった)も、武器の強化に課金アイテムが必要になったり、今まで使っていた最高峰の武器が軒並み残念になったり。結構辛い思い出が(笑)

まぁ武器が強くなるのはよくある話でいいとこもあるんですけど、これからどんどんインフレが激しくなると、(完成させてもなお不要になる可能性があると思ったら)将来的についていけなくなるなって悟ってしまったんです。

武器の強化も限度を超えると拷問なんですよ。

騎空団(きくうだん)の会話がめんどい

ま、これはマルチバトルもそうなんですが、基本私はソロが好きなんで対人関係がめんどいんです。

昨年滞在していた騎空団は雰囲気はすごく良かったんですけど、その分会話も多かったんですね。私はソロが好きなんですが、話をしていればノってしまう(気を使いすぎる)んです。なんでゲームで気を使うんみたいな意見は却下で。

加えて、当時の私は日課に躍起になってたりで、団サポが切れてると発狂する(大袈裟w)感じでした。そういう時にふと思うんです。ほら、人が少しでも関わると何かしらにイライラしたり、気を使ったりしてしまってしんどくなるんよ、みたいな。

ソロであれば誰にも迷惑かからないし、比べるのも自分自身だけで済むし、羨むことも蔑むこともなく平穏でいれるよね。

グラブルはいい意味でも悪い意味でもマルチプレイだから、そのマルチ感が強くなってきた時に、私は嫌悪感を抱いてしまうようです。

グラブルに復帰するにあたり注意すること

というわけで、結構筆がすらすらと動きました。やっぱり嫌悪感は今でもあるみたいです。w

じゃあなんで復帰するの?みたいな話になりそうだけど、その辺はまたおいおい書きます。→書きました!【グラブル】一年引退してなぜ復帰?復帰した理由を語る

今後はグラブルをゆるーく続けられるように、私なりに日課を縮小・武器はこだわらない・きくうだんは無言で古戦場のみがんばる系に入るをモットーに活動したいかな。グラブルはほどほどにするのがいいと、1年引退して感じた次第です。

今グラブルで疲れている人、めんどいと思う始めた人には「武器そこそこでイベントも古戦場もなんとかなるから、日課やらなくても死なないから!ゆるくやろうぜ!!」と言いたいちいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください