プロフィールはこちら

【グラブル】天上征伐戦『ギルベルト』PROUD+攻略(恒常のみ・終末4凸マグナ)まとめも

リミキャラも終末5凸もサプ不可石も不要です

今日は先日11/25より始まったグラブル界シングルバトル最高難易度『天上征伐戦』の闇属性ボス「ギルベルト」PROUD+(プラウドプラス)を課金要素サプチケ(恒常)のみマグナ編成で攻略する記事を書こうと思います。

ちい

完全無課金でも運が良ければクリアできる攻略内容です(無料ガチャで引くなど)。自分でもなかなか攻めた攻略したなぁって自負してます(爆)

天上征伐戦の期間が当初これグラ11月で発表されていた2ヶ月ではなく無期限となったため、今は討伐できなくても今後の無料ガチャやサプチケで十分いつか揃えられるはずです。

加えて、今回紹介するサプチケ要素は全て今後取得を優先するものばかりです。天上征伐戦のみならず今後使用頻度が高いものばかりですので、優先的にサプってどうぞ。

では、早速攻略スタートです!

前提条件|ジョブ・キャラ・装備・召喚石編成

まずはじめに、攻略するにあたっての前提条件である編成内容について解説します。

主人公ジョブ編成

主人公ジョブはドクターです。

ちい

セージクリア者が多いですが、私はドクターの方がやりやすかったですね。後述する装備編成的にもドクターの方が火力を盛りやすく捗ります。

アビリティ構成はニュートリエント・ディスペル・ミゼラブルミストです。

リミットアビリティを必ず入れないといけない関係でニュートリエントを、その他は必須のディスペル、ソーン2アビと共存できる両面枠攻防ダウンのミストを入れます。

キャラ編成

フロントメンバーは最終フュンフ・最終ソーン・銃ゾーイです。

今回の天上征伐戦(ギルベルト戦)では最終十天衆2人がほぼほぼ必須ですね。理由は以下の通りです。

  • 最終フュンフの3アビと4アビが敵HP30%以降の猛攻(主人公を生かす)対応策になる
  • 最終ソーンの奥義バフなしでは道中(特に敵HP30%以降)火力が後述する装備陣だと足りなさすぎる
  • ソーンの2アビがギルベルト戦特攻(つまりギルベルト戦はソーン接待である)

ちい

最終フュンフはリミヴィ+装備火力等盛れればまだ抜くことができるかもしれない。最終ソーンは主人公カオス+フュンフ奥義デバフなどでギリなんとかなるかもだけど、それならソーン2アビのが楽でいいよね。

理想は両方揃っている状態ですが、リミヴィーラ所持+課金神石編成(or終末5凸ありマグナ)で片方(どちらかというとフュンフ)は抜くことができそうです。が、サプチケのみ課金勢だったら最終十天衆の方が金銭面的に楽なのは自明ですね。

そして、最後のフロントメンバー銃ゾーイですが、この子も私の中では必須キャラとなってます。ゾーイの3アビのラストウィッシュによる攻防100%アップが本当に助かります。

ちい

銃ゾーイは私の光属性サプチケおすすめNo.1です。もうずっっっと言ってますね。最終フュンフとの相性も抜群だし、3アビに救われる場面は本当に多いです。

ルシHLなどの高難易度マルチでも銃ゾーイは大活躍なので、サプチケで取得する価値は莫大です。

サブメンバーは恒常ジャンヌと光シャルロッテを入れてみました。この2人は敵30%以降の単体即死級ダメージで主人公が死んだ後に出てくる火力兼生け贄枠です。

ちい

敵30%以降は6の倍数のターン時に単体無属性99999ダメージを与えてくるため、火力が足りないと生け贄がどんどん増えます。紹介する装備だと主人公→ジャンヌ→シャルロッテの順で死にます。

生け贄枠なので誰でもいいような気がするかもですが、生け贄までには6ターンの猶予があり、その間にできる限り削らないといけません。そのため、サブメンバー枠はご自身の持つ光属性での強キャラを入れることを強くおすすめします。

後述する装備編成内でもサブメンバー候補について記述してるのでチェックしてください。

MEMO
私は持っていませんが、光クラリスもディスペル持ちで相性がいいようです。(光クラリスを入れる場合は調整により犠牲枠がクラリスのみで済む可能性が高く、サブ2に猫を入れるのもありです。)

装備編成

コンセプトは「通常ダメ出ないならアビダメ・与ダメで稼げばいいじゃない」です。

メイン武器のゼノコロゥ銃が奥義時に幻影と耀斑効果(主人公被ダメなしでアビダメ枠追加攻撃/ジョンドゥの天聖効果のようなもの)で、耀斑により100万以上のダメージを稼ぎます。終末につけたアビダメ上限UPで150万ほど出たのを確認済み。

終末4凸の第2スキルはアビダメ上限を選び、これによりソーンの3アビやゾーイのアビがかなりのダメージリソースになります。30%以降で使用するソーン4アビでは400万以上のダメージを稼いでくれました(アビ上限スキルなしだと240万程度です)。

ちい

通常ダメが17万とかしか出ない(盛り盛りでも50数万)ので、奥義ダメで稼ぐかアビダメで稼ぐかするのが得策です。私は奥義ダメよりもアビダメあげた方が総合火力的に上だと判断してアビを選択しました。

アビ上限以外では奥義上限を上げるといいでしょう。

次に解説したいのが虚空弓ですね。今回のキャラ編成ではフロントメンバーがドクター・ソーン・銃ゾーイと弓・銃得意で固まっていて、ソーンの奥義バフでクリティカルが盛れるのもあり、虚空弓のクリティカル時に与ダメ上昇がかなり相性良いです。

ちい

フュンフのダメージだけが残念な感じになりますが、他3人はいいダメージを出すようになります。最大で主人公62万ほか57万ほどまでは確認できました。

サブメンバー候補で光の銃得意・弓得意で強いキャラ(アビダメ稼げるとなお良し)がいれば入れるといいかもしれませんね(ロボミ・最近実装されたシトリとか?)。

あとは黄龍武器の黄龍刀と黄龍拳も重要です。

黄龍刀は最終フュンフや主人公1アビの回復アビに反応して累積属性バフを撒いてくれます。今回のギルベルト戦ではHP上限20000固定なため、シュヴァ剣でHPを盛る必要性も低く、黄龍刀の最大HP減少が痛くないっていうのもポイント。

黄龍拳は第2スキルの闇属性ダメージ軽減は言わずもがなですね。対闇高難易度では必須でしょう。

当然ながらハルマル琴も火力枠として必須です。できれば4凸したいですね。

そして、残り枠を光マグナ特有のシュヴァ剣で埋めています。今回の編成では4本入ってますが、この4本は武勲の交換で3本、アニメ記念で1本作れるはずです。ドロップゼロでも作成可能であり、大変編成しやすい難易度になっているかと思います。

召喚石編成

召喚石はメイン石はシュヴァマグ4凸でフレ石はルシフェル5凸を選択します。

ちい

もしルシ5凸をお持ちならメインルシ5凸のフレ石ゼウス4凸だと成功率が上がります。ゼウスは召喚で永続バリアがかなり優秀ですが、何気に召喚時のダメージも大きいのが利点ですね。

サブ石はディスペル用に孤独の竜姫(ロボミ発信指令でも可)、バリアと回復用にノビヨ4凸(なければクリア持ちのハングドマンとか)をいれてます。これら枠はハンサ・ゼピュロス・メタトロン(全て無凸でおけ)があれば孤独の竜姫と入れ替え、メインルシフレ石ゼウスならノビヨ枠は自由になります。

あとは必須枠としてトール。無しでもいけないかなって思って何度かやりましたが、私の場合は火力面などその他色々で厳しかったです。サプチケ候補筆頭召喚石ですから、とって損なし。

黒麒麟もあったほうがいい召喚石になります。しっかり黄龍黒麒麟HL連戦しましょう。

『ギルベルト』PROUD+攻略(簡易ver.)

ここまでで既に3000文字ですが(!?)、早速本題のギルベルト戦(PROUD+)の攻略を前提条件装備中心で解説していきます。

なお、詳しい特殊技トリガー等が知りたい方は、攻略サイト(外部リンクです)さんをご覧ください。ここではそれら情報をかなり端折って解説します(必要な情報は入れます)。

ちい

AP0で何度でも挑めるので、当たって砕けろ感覚でトリガー覚えたりした方が良いです。その方が学びも早い。

全体を通して気をつけたいこと

  • 敵HP30%まで敵の弱体個数5個以下で特殊技発動(全体闇ダメ+味方強化1解除+敵強化1付与)
  • 敵HP30%まで6の倍数ターン終了時に敵にバフ2種類付与
  • 敵バフ2種類付与状態でターン進行すると特殊技(即死級ダメージ+味方強化全解除)
  • 敵HP100%〜31%の間に主人公ドクターの1アビでポーションを途切れなく生成する

ちい

とにかく敵へのデバフを怠らない(ソーン2アビの効果時間と使用可能ターン数管理)こと、そして、敵バフが2つある状態で動かない(必ず1つは消去する)ことですね。

なお、敵のバフ消去手段については主人公のディスペルとフュンフの奥義で大半は賄えますが、HPトリガーとターン数トリガーが連続で来るなどしてディスペルが足りない場合がでてきます。その際は、孤独の竜姫を使うか以下のバフなら他の手段で消してディスペルを温存すると良いです。

  1. 全体攻撃(召喚ダメ)で消せる:幻影
  2. ターン進行(味方通常攻撃)で消せる:反射・カウンター
  3. ディスペル使用優先度大(*):攻撃UP・与ダメUP・追撃・弱体耐性
  4. ディスペル使用(*):防御UP・奥義カット・TAUP

*‥この枠のバフ1つだけの状態でディスペル等手段がない場合は動いてよし。ターン進行でフュンフの奥義ゲージをためて奥義で消すと良いです。

例えば、敵バフが1と3の組み合わせだった場合は、孤独の竜姫を召喚すれば2つとも消えます(召喚ダメで幻影が、召喚効果で3が消えます)。

また、2と3or4の組み合わせだった場合は、最悪ディスペルがなくても通常攻撃(奥義オフ推奨・アビダメで回数重ねるの推奨)をすることで2が消えてバフ1つになり助かります。

ちい

このディスペルの枚数問題に直撃しやすいのが、敵HPの70%50%トリガー付近(敵にバフ2つ付与あり)なので、そのあたりではディスペルの取捨選択が重要になります。覚えておきましょう。

あとは、主人公ドクターの1アビでポーションを途切れなく生成するのをお忘れなく。30%以降の回復アビ制限環境下での貴重な回復源になりますゆえ。

HP100%〜70%

HP100%〜70%の間に気をつけるのは、敵の通常攻撃でたまに付与されるターゲッティング対策ですね。このターゲッティングを消さずにターン進行すると『アンダー・ジ・アイス』というランダム対象の水属性攻撃です。

ちい

銃ゾーイの3アビ効果中であれば死にませんし大したダメージでもないですが、3アビが切れた状態で食らうと即死級です。

ターゲッティングがついた場合、銃ゾーイ3アビ効果中はそのまま突撃し、3アビ効果無しの時はフュンフ2アビを使うのが良いでしょう。フュンフの2アビを簡単に切らないように注意です。

そもそもターゲッティングをつけない対策としては、ノビヨの召喚効果のバリアが多少ターゲッティングを凌げますので、使用可能ターンになったらとりあえず投げておきましょう。

MEMO
ちなみにフレ石ゼウスの場合は、ゼウスの永続バリアでターゲッティングがほぼほぼつかないので楽勝です。前提条件編成ではゼウスの代わりにノビヨのバリアで擬似ゼウスをお勧めしますが、ノビヨのバリアは弱いし消えるのであてにしすぎないようにしましょう。

また、70%から強化アビが使用不可(使用するとほぼ詰む)になるため、71〜73%あたりで主人公のニュートリエントやソーン1アビは使っておくと良いです。

あとは、70%でデバフ消去+バフ2つ付与があるため、主人公ミストとソーン2アビは必ず使用できる状態、かつ、できればディスペルを1枚以上確保した状態(ターン数トリガーと同時なら3枚)で70%を踏んでください。

ちい

ちなみにトリガーを踏む際はアビダメで踏むと楽なのでお勧めです。アビダメで踏んでデバフ全消去されてからソーン2アビと主人公ミストかけてターン進行で、攻デバフのおかげもあり安心して挑めます。

HP70%〜30%

HP70%〜30%の間に気をつけるのは、強化アビ戦闘画面で黄色く光っているスキルを使用してはいけないこと。使うとほぼ詰み(前提条件装備だと確実に詰みレベル)なので、絶対に間違えて押さないように気をつけてください。

あとは、デバフ全消去はないですが50%トリガーで敵にバフが2つ付与されます。ターン数トリガーのバフ2つと重なる・連続でバフがついてしまうとなると、かなりディスペル枚数に不安が出ます。この辺りは先ほど解説した通り、ディスペルの取捨選択を行なってください。

ちい

ちなみに70%からは敵から味方にデバフ付与が一切ないため、フュンフ2アビを雑に切って大丈夫です。ゾーイ3アビや黄龍刀バフのためにどんどん回しましょう!

そして、ターン数トリガーをうまく回避していくと問題の30%トリガーが近づきます。

30%トリガーは即死級(無属性99999)の単体ダメでHPが一番高い味方に当たります(2人以上いる場合は主人公に近い左側から落とされます)。加えて、30%からはターン数トリガーがバフ2枚付与からこの即死級(無属性99999)の単体ダメに変わります。

必ずターン数トリガーと30%トリガーを同時に受けてください。

ちい

同時に受けることで99999ダメの回数を1回減らすことができ、生存率が上がります。ターン数が微妙にずれてしまうと、最悪30%で99999ダメを受けて次のターンに99999が飛んできますよ!

また、この30%トリガーを境に回復アビの使用が制限される(使用で敵弱体1回復+HP100万回復)+99999ダメを受けきるために、フュンフの4アビと3アビを30%トリガーを踏む前に主人公に使います

4アビの使用タイミングについては30%直前でも構いませんが、3アビについてはリキャストが長いため、敵HP50%を切ったあたりで使える場合は主人公に使うようにします。

100%〜50%あたりまでのフュンフ3アビは銃ゾーイの3アビのために使用で構いません。

もし3アビ効果が切れている状態で31%あたりを迎えてしまった場合は、黒麒麟を召喚してアビリティ復活してください。黒麒麟召喚で回復した回復系アビ(主人公1・フュンフ2アビ等)を使ったあとに、ダメアビで30%トリガー(&ターン数トリガー)を踏むと綺麗です。

HP30%〜討伐完了まで

HP30%から気をつけることは、前項で説明したターン数トリガーの99999ダメと、味方HPを常に満タン近く(敵の攻撃終了時にHP50%以下のキャラが出ないように)保つことです。

30%以降からターン終了時に味方でHP50%以下が1人でもいると、31%まで弱体5個以下で発動していた特殊技の強化版『シアター・オブ・ペインII』(全体闇ダメ+味方強化全解除+敵バフ2つ付与)が飛んできます。

ちい

この『シアター・オブ・ペインII』がマジで詰みレベル(特に主人公が落ちたあと)なので、絶対受けないようにHPは常に高め高めで維持してください。

HPの維持は31%までにために貯めた主人公1アビで生成したポーションを使ったり、敵弱体1つ回復しますがフュンフ1アビを使用します(使用後ソーン2アビを使えると◎)。フュンフの1アビは敵弱体回復があっても使用する価値の高いアビリティです。ここぞという時に使いましょう。

以上を念頭に置いた上で、ここから30%以降の流れを順番にまとめます。(30%以降は死闘なため、解説を深めにします・・・)

  1. 30%トリガーで主人公に99999ダメ→フュンフ4で耐えるがペインⅡで死→フュンフ3で復活
  2. 敵バフ消去しトール召喚・ソーン2アビ・主人公ミストをかけてソーン4アビで延長(睡眠がかかった場合は次のターンで延長)
  3. ひたすらリロ殴り(トール効果中に攻めきる
  4. ターン数トリガーで主人公HP満タンにして落とす(99999で完璧に死ぬとベインⅡが発生しないので敵バフ2がつかない
  5. 恒常ジャンヌ登場し1アビでデバフをかけてひたすら殴る
  6. ターン数トリガーで恒常ジャンヌHP満タンにして落とす
  7. 光シャルロッテ登場で1・3アビ使ってひたすら殴る
  8. ターン数トリガーで光シャルHP満タンにして落とす
  9. 3人でひたすら殴って倒す→フィニッシュ!

簡易ですが、こんな感じで動くと倒せてます。

ちい

9の段階でも死なずにターン数トリガーに突入した場合は、2番手のフュンフに3アビをかけて、1の主人公のような状態にするといいです。その際敵にバフが2つつくので、フュンフ奥義を貯めとくといいですね。

ターン数トリガーで最初の主人公1回目以外は敵バフがつかないため、割と奥義をブンブン回してオッケー!

とにかく火力を盛り盛りにして、フュンフ1アビを切った後にソーン2アビ、銃ゾーイの3アビはどんどん切る・・・これでリロ殴りしていれば光シャルの犠牲までで前提条件編成であれば大丈夫なはずです。

石300個ください・・・

天上征伐戦『ギルベルト』PROUD+攻略(恒常のみ・マグナ)|まとめ

  • ギルベルト戦は最終光十天衆2人とリミヴィor銃ゾーイが欲しい戦いでした。サブメンバーはしっかり殴れる子を編成推奨
  • 恒常のみでの構成・攻略の動き方は先述した通りです。改めて参照ください。
  • 70%までのターゲッティング対策はノビヨ召喚、それでも付与された場合はゾーイ3アビ中なら素受け、3アビ中でないならフュンフ2アビを使おう。
  • ディスペル枚数に不安がある(70%50%トリガー時)ときは、消去するバフの取捨選択を!
  • 30%突入前にフュンフ3アビ4アビを主人公に使うのを忘れずに!

ちい

他、全体的に気をつけたい内容はなんども確認して覚えておきたいですし、30%以降の動きの順番(通りにはもちろん行かないが)も非常に大事ですよ。

総括すると、難易度としてはいつものナゾブルでしたが、装備内容を自分で吟味した感じでは神石・終末5凸・サプ不可石なしでも行けたので、難しいけどきちんと特性を把握していれば割と育成がきちんとしている人なら誰でもいけるかなって思いました。

少なくとも天上征伐戦クリアのためにルシHLクリアが必要!!って話ではないので安心です。

普段使わないゼノコロゥ銃や虚空弓などが活躍してくれたりして、その面でもよかったのでは?あとは最終ソーンの役割が麻痺以外に見出せたのは、この天上征伐戦の成功ポイントだと思います。

ちい

この感じだと今後の天上征伐戦では最終十天衆がほぼほぼ必須になることが予想されるため、今後十天衆の最終の優先順位を高めていきたいですね。

無期限にしてくれたのもありがたかったし、結果としてはいいイベントな気がしました。まだ討伐できてない方には、本記事がクリアの後押しになれば幸いです。

終わり!

2 COMMENTS

てぃー

こんばんわ!
実装初日に何の編成も考えずに行ったら訳がわからないうちに負けてしまい、それからは挑戦してません笑
記事を読んでいたら行けそうな気がして来たので参考にさせていただきます!

フュンフ居ないですけど…なんとかなるでしょう!

返信する
ちい

てぃーさん、こんばんにちは!

>実装初日に何の編成も考えずに行ったら訳がわからないうちに負けてしまい、それからは挑戦してません笑
>記事を読んでいたら行けそうな気がして来たので参考にさせていただきます!

私も最初挑んだ時はあっけなく負けてしまって、これ光マグナ無理じゃね??って頭を抱えていました。
でもまぁギルベルト戦はギミックさえ理解すればなんとかなるボスだと感じましたね。
期間無制限かつAP消費0なので、試行錯誤もしやすいから理解もそのうちできるし。
てぃーさんも行けそうな気になったとのことで、私も記事を書いてよかったなぁって思えました!

>フュンフ居ないですけど…なんとかなるでしょう!
フュンフ無しだと30%からの生贄とゾーイ使うなら3アビの回転が大変そうですが、代用はソーンより効きそうな気がします。
もし無理でもいつかはフュンフ加入と最終するでしょうし、その時にまた挑めばいいと思います。

無理のない範囲で頑張ってみてくださいね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください