中の人はこんな人!

【グラブル】アーカーシャHL連戦での立ち回りと注意点(鍵&青箱ver.)まとめも

ようこそ鍵狙いとヒヒ狙いの共存する魔の世界へ

今日は中級者さんは虚空武器作成に向けて、エンドコンテンツ御用達な方は青箱から低確率でドロップするヒヒイロカネを手に入れるため通い詰める『アーカーシャHL』の連戦での立ち回りや注意点などをまとめたいと思います。

ちい

行動表に関しては正味アーカーシャは不要(見てる間に終わってしまうw)なんで、立ち回りの部分でかるーく触れる感じにします。

一応筆者はアーカーシャ部屋1分30秒前後で青箱圏内を取れるレベル帯(40秒台は確実に行ける)くらいの戦力で炭鉱夫活動をやっているため、立ち回りについては(全然強くはないけど)多少?語れると思われます。

私のツイッターの脱法報告はほぼアーカーシャです。見ていただければお分かりかと。

どのタイミングでどういうところに注意して動いているかとか、他の参戦者にお願いしたい事(速度関係以外)を青箱掘り視点から語ったり・・・そういう部分を中心に話を進めます。

参考になれば幸いです。

アーカーシャ連戦での注意点

アーカーシャ連戦において、全体を通して注意したい点は以下の通りです。

  • ターンランダム加速による敵CTの動きと味方強化効果切れ
  • 75%以降全属性ダメージカット(ファラ系)無効化
  • 連戦での青箱(143万)がキツイ人はトール持参必須級(有無で安定感が桁違い)
  • アーカーシャの弱点属性である闇属性で挑む

ターンランダム加速による敵CTの動きと味方強化効果切れ

アーカーシャ戦はグラブルマルチでも稀有な「ターン終了時にランダムで1~3ターン追加で経過する」マルチバトルになります。

このランダム加速は、アビ・召喚石の使用間隔が早まるメリットもありますが、敵CTも加速し頻繁にMAXになりやすかったり、味方の強化効果を使ったばかりなのにすぐ切れたりというデメリットも併せ持ちます。

ちい

ニーアのフィールド効果もすぐに切れるし、シスの4アビ効果も通常より当然早く終わります。敵CTMAXで予期せぬパーティ崩壊もあるため、いいことばかりではないですね。

デメリットを理解しつつもメリットを享受していきたいので、青箱を狙えるレベルでない場合は召喚石のバハムートのような何度も使える強力な石を空き枠に編成することをお勧めします。

75%以降全属性ダメージカット(ファラ系)無効化

アーカーシャ戦でよく見かけるのが、75%以降なのにファランクスを打っている中級者さんたちです。マジで無意味なんで、ファラ打ってないで殴りましょう。

ちい

ダメージカットしたいなら属性カットで!属性カットはちゃんと効きますから、高級鞄・鞄系を慣れないうちは持っていくと安心です。

連戦での青箱(143万)がキツイ人はトール持参必須級

青箱を狙うような火力重視な方は召喚石に枠がなくてトールを持ってない人もいますが、基本的にアーカーシャ戦ではトール持参がマストになります。

特に対処に慣れてないうちは攻撃が痛くて死ぬことも多いため、トールにより敵を大幅に弱体化しているかどうかは生死に関わります。最後まで戦い抜くためにもトールは持っていきましょう。

ちい

ちなみに召喚タイミングは75・50・25%のデバフリセット時になります。私はいつも連戦する際は大抵25%で使用しています。この辺りは他の参戦者によりますね。

トールタイミングを参戦者同士でずらして上手く継続できると安定感増し増しです。

最低でも50%と25%はトールがあると嬉しいかな。

アーカーシャの弱点属性である闇属性で挑む

私も最初の頃は攻略サイトを見て水セージで挑んでたりしました(ただのお荷物でした)が、現環境ではアーカーシャの弱点属性である闇属性で挑むべきだと考えます。

中級者さんでも貢献度をある程度稼ぎやすいし、アーカーシャの特殊技を受けやすいキャラが闇には比較的多いです。50%以降の弱点属性ダメージも闇で挑めば闇属性になるため、闇鞄でカットも属性UPもできて助かります。

色々噛み合う部分が多いので、ジョブはそれぞれだけど属性は闇で挑むようにしたいですね。(この記事では闇属性で挑む前提で話が進みます)

ちい

個人的にはジョブは終末グローリー(火力・ファラは使わない)かゼノディア槍を使えるジョブがおすすめです。ツヴァイメインの闇レスラーなどもいいですね!

ただし、スパルタセージは炭鉱夫さんには嫌われがちなので現環境だとおすすめはできません(背水で火力出してるので回復を嫌う・参戦者ファラでHPを赤にできずムーブが崩れるなど)。

ちなみに私はセージはあまり好きではないですが、スパルタのファラは前半助けられることもあるし別にいいかなな容認派です。

MEMO
ちなみに火力(青箱狙い)ならジョンドゥ握ったバレット完璧闇ソルジャーとウンハイル握った闇ライフォのほぼ2択です。高ランクの闇ソルと闇ライフォを見たらほぼ青箱狙いと思っていいかと思います。

槍職やグローリー禁止部屋もあるけど、それでもおすすめ?

たまにアーカーシャの連戦部屋で『槍職グロ禁止』と記載のある部屋が立つことがあります。

これは個人的な解釈ですが、私が思う『槍職グロ禁止』というのは遅いことを極端に嫌う+ファラやヒールで邪魔されたくない部屋だという認識になります。そして、この槍職グロというのはスパセグロと同義なことが多いです。

スパセグロは使っている人の安定感はあるものの、速さを出すにはアカシャの場合役不足な面がある。(そして、参戦者効果が逆に迷惑になりやすい。)そういう認識が部屋主にあり、実際経験上そうだったという過去があると推測できます。

ちい

個人的には禁止部屋はあまり好きではない+禁止されてるジョブを使いたい場合は他の部屋に行くってスタンスなので気にしないですが。一応質問があったので・・・!

で、なぜ私がそんな禁止部屋もあるような槍職やグローリーを個人的なおすすめとして提案したか。

それは、闇終末武器(グローリー)とゼノディア槍という武器が、無課金闇メイン武器として極めて優秀で、かつ、中級者さん(汎用・鍵狙い)でも十分使いこなしやすいと考えているからです。

ちい

つい最近実装したキャバルリーなんかも青箱狙いの救援でM見かけたりしましたし、槍職全てがダメというわけではないと思うのです。

無課金編成なら闇終末武器(グローリー)とゼノディア槍を使えるジョブが火力面でもいいと思ったから私はおすすめしたのです。グローリーも追撃とか強いよ???

以上!

アーカーシャHLの行動表とお勧めキャラ&召喚石

引き続き基本情報として、アーカーシャの行動表とお勧めキャラ&召喚石をまとめます。

アーカーシャ行動表

赤文字が注意ポイント(太文字は最重要ポイント)で、青文字が私の対処法や実戦での動きになります。

おすすめキャラ

  • バレクラ:アーカーシャ安定の申し子!炭鉱夫目的では外れるがそうでない場合頼りになる
  • シロウ:95%85%を2アビ3アビで完封できる(主人公ファラ不要に)
  • 水着ゾーイ:2アビ今昔で火力UP&無敵マン・炭鉱夫さんはすぐデスで落とす
  • コルル:全体かばうとガッツで特殊技に対応・炭鉱夫御用達・ちぇすと!!
  • 黒騎士:HP半分以下2アビ発動最強・4アビかばうと1アビのWスロウも優秀・闇ソル炭鉱夫御用達
  • シャレム:闇ライフォ軸炭鉱夫専用クラス・2アビ回避も優秀・強い人が使うと真価を発揮
  • 最終シス:最強!2アビと奥義効果&4アビ無敵で生き残り性能抜群!火力も化け物
  • ニーア:最強!!!有無で安定度が圧倒的に変わるチート・無しで炭鉱夫はキツいまである

ちい

シロウとコルルは恒常かつ特殊技対策が可能(シロウは76%まで)なんで、特殊技やCTMAX時にうまく使うといいですね。炭鉱夫目的じゃない+ニーア未加入時はバレクラが安定感あっていいです。

アーカーシャの特殊技をキャラのアビでいなしていくのが重要なため、主人公のジョブで頑張るよりもキャラアビ(かばう・回避・ガード・幻影・マウントなど)を重要視して組むといいです。

特におすすめなキャラをピックアップしましたが、どれも他の連戦で活躍できるキャラばかりです。今後の無課金天井やサプチケの候補としてぜひ検討を。

おすすめ召喚石

  • グリームニル無凸以上&トール4凸:55%即死回避用バリア
  • 4凸アポロン&フレイ3凸以上:55%即死回避用マウント
  • トール無凸以上:75%50%25%での弱体リセット時用・あれば入れたい
  • ゴブロ無凸以上:85%でのファラの代用
  • ティターン無凸以上:浄罪あり10%を耐えるガッツ用
  • 闇鞄3凸:闇属性ダメUPと属性カットが◎・お手軽さでも◎
  • デス:火力の底上げ・召喚で水ゾや75%以降のシロウ退場用
  • テュポーン無凸以上:20%などのCTMAX時対処用・4凸だとフルチェインできて貢献度◎
  • サリエル:火力の底上げ・奥義加速や特殊デバフも可能・闇ソルの邪魔もできる(笑)
  • ベリアル:火力の底上げ・炭鉱夫御用達
  • シヴァ:シヴァ砲・炭鉱夫御用達

ちい

基本はグリム系かアポロン系を1枠、トールで1枠、デスで1枠、残り枠をテュポーンか闇鞄にする感じですかね。炭鉱夫はトールに頼らなくてもいける人も多いんで、トール枠と残り枠をサリエルやベリアルやシヴァにしてる感じ?

連戦に慣れてないうちやよく死ぬうちはトールを持っていくのをおすすめしますが、トールないよって人でもアーカーシャ連戦に参加するのは個人的に大丈夫かなと思います(ランク馬鹿高い闇ソルや闇ライフォが4人以上いれば高確率で大丈夫)

もし持ってたらぜひ枠割いて入れて欲しいですね。(参戦者も自分も喜びます)

トールを抜くって選択肢はアーカーシャ1戦1分10〜20秒台の部屋でも143万取れるだろう戦力になってから考えましょう。

アーカーシャ連戦での立ち回り(安定鍵狙いver.)

注意点を踏まえた上で、早速アーカーシャ連戦での立ち回り(青箱より安定狙い)をまとめます。

100%〜75%:95%85%特殊技をカットor回避

最初はデバフバフを使って普通に攻撃していきます。

ちい

この区間はトール召喚がほぼない(99%)区間になるため、不安な場合はデバフバフをフルで打ちアビダメとかで貢献度を稼ぎながら特殊技タイミングまで待つもありです。

そして、95%を超える際にファラor全体かばうorかばう+完全回避or無敵あたりで対処します。

MEMO
95%時のタイミングだと、シロウの3アビや水ゾ今昔、コルル1アビあたりが対処しやすいです。かばう+完全回避あたりの対処はこのタイミングだと準備できてない場合も多いので。

95%を超えたら大体90%とか88%とかそんなあたりになっているので、通常攻撃で86%までお茶を濁すか次の85%の準備を行います。

85%の特殊技も、95%同様ファラor全体かばうorかばう+完全回避or無敵あたりで対処します。

MEMO
85%になるとかばう+完全回避が使い物になる場合も(最終シスの奥義+2アビとか)。このタイミングでは先の対処か、シロウ2アビが綺麗に受けれていいです。召喚石のゴブロ召喚もありですね。

シロウがいれば95%85%を2アビ3アビで完封できますが、コルルだと1アビ3アビ1アビで完封は理論上可能ですがおそらく死にます(シャレム2アビありなら生き残りそう)。

コルルを使うなら片方のみ受けるようにして生き残るようにすると貢献度も稼ぎやすいですね。(瀕死時ちぇすとがいい働きをします。)

95%85%特殊技対策
  • シロウ2アビ&3アビ
  • コルル1アビ&コルル3→1アビ+シャレム2アビ

or

  • コルル1アビ
  • 最終シス奥義+2アビ
  • 水ゾ今昔
  • ゴブロ石召喚

から2つを選択

75%〜50%:55%特殊技を必ずバリアorマウントありで受ける

75%以降はファラ系が無効になるので、シロウを使っていた場合はここでデス召喚で落とします(というわけで、シロウの位置は4番手固定です)。

トールを召喚できる+トール召喚がまだって場合はトール召喚してから動きましょう。

ちい

この75%トールはどの区間よりも召喚されない場合が多いので、召喚できるとすごくありがたいです。が、ターン加速などが足りず召喚できない場合もあるので、その場合はバフデバフかけ直してゴー!

この区間の一番のポイントは55%の特殊技とOD技に即死効果があるところです。

55%を注意するのは当然ですが、結構見逃しガチなのがCTMAXなんです。必ずOD時かどうかのチェックをして、ODの場合はマウントorバリアを張ってから動きましょう。

バレクラがいればマウントを使えて尚且つ経過ターンによる火力UPもあっておすすめです。

MEMO
55%特殊とOD技の対処法は、一番のおすすめはグリム召喚になります。1万バリアもあってOD特殊と55%特殊の2回を受けることができます。グリムがない場合はゼウス4凸かアビのマウント、フレイ3凸やアポロン4凸召喚で頑張ります(1回しか受けれないので55%手前で使おう)

この即死で結構勝利を信じている人が多いイメージです。

あとは50%通過時にバフ全消去があるので、大事なバフとかは50%を踏んでからかけ直しましょう。

50%〜25%:トールが欲しい+35%特殊技を受ける体力は残そう

50%以降は攻撃が弱点属性(闇で挑む場合闇属性攻撃)になります。

弱点属性+通常全体攻撃で元々痛かったダメージがさらに大きくなります。トールを召喚できる+トール召喚がまだって場合はトール召喚してから動きましょう。

ちい

ファラは無効ですが属性カットは有効なので、このタイミングで闇鞄などは使い所となります。ターン加速もあるので、頻繁に召喚できるかと!

この区間は特段大きな注意点はありませんが、トールがない場合はかなりダメージが痛いです。75%での召喚が間に合わずとも、50%25%あたりは事故防止もあってきっちり召喚した方がいいですね。

35%に特殊技がありますが全体8000ダメージなので、闇鞄召喚なら難なくスルーできる+体力8000以上あれば大丈夫なんで、そこまで怖がらなくても大丈夫です。

問題は道中の攻撃の痛さ(&体力も怪しくなる時期)なので、ほんとトールがあるなら召喚していきましょう。

25%〜0%:トールが欲しい+浄罪効果に注意!!

引き続き弱点属性+通常全体攻撃がきついので、トールを召喚できる+トール召喚がまだって場合はトール召喚してから動きましょう。

ちい

この辺りは炭鉱夫さんがラストスパートを仕掛けてくるので、急速にアーカーシャの体力が削られていきます。主な要因は20%CTMAXからのテュポーンフルチェでしょうか。

20%15%10%と動きが激しく、浄罪付与後の10%特殊技対応が間に合わない場合もあります。加えて、最近だと浄罪を消す30回アビとかはやってるうちに終わってる場合もあるんで、私は間に合うならガッツなどで強引に受けてしまうのをおすすめしたいかな。

浄罪については行動表を見てどうぞ。

MEMO
浄罪ありでの10%特殊技を受ける際は、ニーアの正位置効果の渇望かティターン召喚でのガッツ、ライフォなら魂Lv3で受けるのがおすすめ。この3パターンで受けれない場合は、3%特殊の崩天まで待機か部屋速が速い場合は死を覚悟で突っ込むかな(アルバハHLの10%以降を想像してください)。

ここまで一通り対応できればあとは参戦者全員で押し切って終わりです。お疲れ様でした。

アーカーシャ連戦での立ち回り(青箱ver.)

最後に、おまけですが筆者の連戦青箱狙いの編成と簡単な立ち回りを紹介します。

編成例(私が普段使用しているものです)

闇ソルジャー編成です。ライフォ軸はウンハイルがないので諦め。

キャラは闇ソルのおそらくテンプレになります。最終シスとコルルに久遠入り。

宿無しありませんがなんとかしてます。無料ガチャで出るのをお祈り。

オメガ銃を編成に入れるか考え中・・・

召喚石は無凸グリム・無凸トール・5凸デス・4凸テュポーン。

4凸テュポーンはラストに召喚して貢献度25万ほど稼ぐのでお気に入り。

以上の編成例で大体部屋速1分30秒前後で青箱圏内に到達が可能です。

注意
アーカーシャ青箱狙いは編成は当然大切なのですが、同時に回線環境も非常に大事です。どれだけリアル環境がいいかも勝負の決め手なところありますんでそこは各自頑張りましょう(?)

立ち回り例(簡易)

100%:主人公ブリッツバースト水ゾ今昔でブーストをかける

95%:水ゾをデスで落としコルルを出して1アビでかばう

85%:最終シス奥義+2アビで受ける

55%:無凸グリム召喚効果あり状態で受ける

50%:ダメージないので低HPで踏みに行く・強力バフをかけてスパート

35%:コルル1アビで受けてニーア登場(渇望)(2分部屋だとここで143万越え)

25%:トール召喚(してそのまま止まってることも…)

20%:CTMAXを4凸テュポーンで回収し奥義フルチェ(1分半部屋だとここで青箱圏内)

ちい

大体143万到達したら止まるようにしてますけど、あまりに遅い部屋だと痺れを切らして殴ることもあります。自発分は全力で殴ったりして遊んでます。w

かなりざっくりですが流れはこんな感じです。あとはどうしたら貢献度を稼ぎやすいかを各自吟味してみるといいですね。その試行錯誤が楽しいので、ここでの解説はこんなもので。

アーカーシャ連戦での立ち回り・注意点|まとめ

  • アーカーシャ連戦では75%まではファラ系、55%ではマウントorバリアで特殊技を受けるようにするのと、15%10%あたりの浄罪の扱い方に注意すること
  • ターン加速の仕様とトールの重要性はテストに出ます
  • 75%以降ファラ無効は絶対覚えて帰ってください!!
  • キャラのおすすめは安定型ならバレクラ・コルル・シロウあたり。シロウは75%以降デス落とせば役目だけ果たせて便利です(笑)最終シスが出てくると最高!
  • 召喚石はトールで1枠、グリム系(マウント系)ガッツ系ファラ系闇鞄で2枠、デスで1枠、火力で1枠あたりがバランスよくおすすめ!

ちい

青箱を狙うならそれなりの装備と回線環境を整えましょう。1分半までは私でもなんとかなりますが、1分20秒以下だと誰も青箱取れないとかあります。怖い世界です。

鍵狙いであれば強い人を集めればいいので自分のランク関係なく190以上や200以上あたりで集めるといいかな?ただ、200以上の人でも闇ソルや闇ライフォじゃないと全然貢献度稼がないから、その辺りは結構難しい話です。

高ランク闇ソル闇ライフォが6人以上いればかなり速い部屋になると思うので、そんな部屋ができるようにお祈りするといいかな(ただし速すぎてトリガー対策が後手後手になりそうだけど)。

虚空武器作成やワンチャンヒヒ狙って頑張ってみてくださいね!

終わり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください