中の人はこんな人

【グラブル】新マグナⅡ武器についての評価・感想まとめも

自論が整ったので簡単にまとめます

今日は先日実装された新マグナⅡ武器(ニーラカンタ・スピリットオブマナ・極神剣・輝羅煌閃杖・炎の柱・ゼカリヤ)それぞれについての個人的な見解をまとめます。

ちい

ちょこちょこ質問が来てたり(私の意見を聞きたいなど)する案件なので、まとめて記事にしておこうかと。あくまで個人的なものですが。

なお、記事内容は完全に中の人の個人的な意見であり、検証等なしでの語り・机上の空論です。決して正解・理想ではありませんのでご了承ください。

理解した上で読み進めてどうぞ(*・∀・)_旦

新マグナⅡ武器についての暫定評価

全体的な評価としては、マグナと神石の差が縮まった(特に光)かな。

でもそれは少ないリミ武器でなんちゃって神石をしている人との差であって、ガッツリイクサバエデン等複数本積んでいる神石と比べたら、いくらマグナ強化があろうと神石の優位はそう変わらないでしょう。

ちい

そもそも武器のスキル構成がリミ武器は強い(攻刃渾身とか鬼)し、追加マグナ武器はいい具合に神石を超えない構成してるからね。そもそも方陣枠が強い(アビ等で伸ばせないから)から、スキル構成やばいの来ると課金の意味ががが。

今回のアプデにおいては、ガッツリダマヒヒ突っ込んで神石やってる人はそこまで悲観しなくていい(むしろ周回頑張らなくて良くてラッキー)けど、なんとなくで神石をしている人はこの機会にマグナに戻るのも一考です。

ニーラカンタ(シヴァ杖)

ニーラカンタ (杖/火属性)
HP:260 / ATK:2590 (Lv150時)
奥義『ヴィサルガ』
火属性ダメージ(特大)/味方全体のDA/TA確率20%UP
スキル1:『機炎方陣・渾身II』
火属性キャラのHPが多いほど攻撃力が上昇(大)
スキル2:『機炎方陣・守護』
火属性キャラの最大HP上昇(小)

参考:Gamewith

火属性の方陣フィンブルことニーラカンタ(シヴァ杖)

火マグナについに渾身スキルを持つ方陣武器が登場し、加えて、守護小も兼ね備えていて体力面の補助もバッチリ。武器種も杖ということで、コロ杖との噛み合い(コスモス杖)も完璧です。

ちい

結構隙がないように思えますが、シヴァ杖を入れる事による方陣攻刃の減少がネックになりそうかな。フィンブルが強かったのはリミ武器等で攻刃がしっかり補えてたからだし。

オッケ染のような背水技巧編成でも1本入れとけば初速が良くなるだろうし、渾身主体で戦う(短期戦)ならコロ杖とシヴァ杖でコスモス杖編成したらいいかな?いずれにしても、火マグナで背水(水ゾ)以外で初速を出す手段が出たのは非常に喜ばしい。

地味に奥義効果が連撃UPなのも熱いです。(神石目線かもですけど嬉しい効果)

とりあえず(背水軸でも)4凸1本の作成を目指して、渾身寄りにするならもう1〜2本作るといいかなって思います。(個人的には4凸2本でいいかな派)

スピリット・オブ・マナ(ロペ拳)

スピリット・オブ・マナ (格闘/水属性)
HP:270 / ATK:2520 (Lv150時)
奥義『エウリプス』
水属性ダメージ(特大)/味方全体に与ダメージ上昇効果(最大1万)/通常攻撃のダメージ上限10%UP
スキル1:『海神方陣・刹那』
水属性キャラの攻撃力上昇(小)/クリティカル確率上昇(小)
スキル2:『海神方陣・背水II』
水属性キャラのHPが少ないほど攻撃力が上昇(中)

参考:Gamewith

冬ノ霜柱のスキル効果量を少しいじったスピリット・オブ・マナ(ロペ拳)

水マグナでの技巧編成はオベロン4などの98.8%という少し足りない!っていう状況だったので、その枠にうまく入る技巧小持ちは助かるのではないでしょうか?あと、何気に奥義効果が非常に優秀です(むしろこれが本体では?)。

ちい

マグナⅡ武器とは思えない優秀な奥義効果に驚きです。与ダメ上昇に通常上限UP?凄いですね。水は拳武器も少なく今まで玄武拳ばかりでしたから、そこも嬉しいところです。

背水スキル持ちということで、体力が減ったときの別枠に良し。オベロンも拳だし、オベロン4ロペ拳1コスモス拳などの拳染めもあり得るのかな?どうだろう?

とりあえずメイン武器として確実に欲しいので、4凸1本は作成しておきたい。複数本揃えるかどうかは現状ではまだ未知数ゆえプロたちの続報を待ちましょう(笑)

極神剣(ゴブロ剣)

極神剣 (剣/土属性)
HP:230 / ATK:2690 (Lv150時)
奥義『絶対魔滅神域』
土属性ダメージ(特大)/土属性3倍追加ダメージ/味方全体の攻防UP(各20%)
スキル1:『創樹方陣・三手III』
土属性キャラの連続攻撃確率上昇(大)
スキル2:『創樹方陣・背水』
土属性キャラのHPが少ないほど攻撃力が上昇(小)

参考:Gamewith

土属性の方陣ケルベロス・オーダーこと極神剣(ゴブロ剣)

土マグナは慢性的に連撃不足なため、三手大というスキルは結構需要があります。私も土古戦場で連撃が足りず急遽オメガ武器を作成したくらいには不足していますね。

背水小も渾身が厳しくなったときに助かるし良し。

ちい

2〜3本入るような武器ではないと思うけど、ピン挿しは結構ありじゃないかな。土はマグナといえどカイムハイランダーも使うしね!

とりあえず4凸1本作成しておけばいいかと思います。

輝羅煌閃杖(グリム杖)

輝羅煌閃杖 (杖/風属性)
HP:350 / ATK:2400 (Lv150時)
奥義『虚幻裂空嵐』
風属性ダメージ(特大)/味方全体の攻撃UP(累積/最大30%/別乗算/永続)/自分の回避率UP(累積/永続)
スキル1:『嵐竜方陣・神威』
風属性キャラの攻撃力と最大HPが上昇(小)
スキル2:『嵐竜方陣・克己』
風属性キャラのダブルアタック確率上昇(中)/クリティカル確率上昇(中)

参考:Gamewith

グリム琴に続く技巧武器、輝羅煌閃杖(グリム杖)

技巧枠がグリム琴のみで微妙に扱いづらいところにいい具合にハマる技巧中持ち。両面でグリム琴2グリム杖、片面でグリム琴3グリム杖2・グリム琴4グリム杖1で確定クリになります。

個人的には片面ならグリム琴3グリム杖2派。渾身効かなくなった琴4編成は悲惨よ。

他スキルも方陣神威に方陣二手と守護枠や連撃補強もできる点がグッド。まさに痒いところに手が届く武器って感じです。

ちい

地味に奥義効果も永続で別枠乗算攻撃UP(味方全体)・回避率UP(自分のみ)と優秀。風の杖武器はあまりいいのがないので、グリム杖はメイン持ちでも重宝しそう!

とりあえずメイン武器としても使えるし、両面確定クリで使える4凸1本は作成しておきたい。その上で片面確定クリ(グリム琴3グリム杖2)を狙うならもう1本作成目指すといいかな。

私は4凸2本作成予定です。

炎の柱(メタ槍)

炎の柱 (槍/光属性)
HP:250 / ATK:2630 (Lv150時)
奥義『焔』
光属性ダメージ(特大)/自分の奥義ゲージ15%UP/カウンター効果(被ダメ/3回)
スキル1:『騎解方陣・渾身』
光属性キャラのHPが多いほど攻撃力が上昇(中)
スキル2:『騎解方陣・技巧II』
光属性キャラのクリティカル確率上昇(大)

参考:Gamewith

光属性のグリム琴・ゴブロ斧こと炎の柱(メタ槍)

実装直後はとんでも武器を光に持ってきたなぁって印象、光に渾身技巧はなかなかぶっ込みましたね。両面でメタ槍2メタ弓1、片面でメタ槍3メタ弓2・メタ槍4メタ短剣1・メタ槍5(コスモス槍染)で確定クリになります。

ちい

個人的には炎の柱は両面運用主体で使いたい(片面では添えるだけ)かな。片面槍染がシュヴァ剣染より(集める労力に対して)有能とはあまり思えない(グリム琴ゴブロ斧染をした感想から)。

光マグナはシュヴァ剣が非常に強いのですが、別枠がないのがネックでした。今回の炎の柱実装により渾身・技巧とダメージを伸ばせる仕組みが加わり、あとは上限(とシュヴァ剣が抜けた分の守護)が問題になりそうです。

そろそろ光上限7~10%武器を無課金で追加してもいいのよ?(タミンサリにサプチケ切りたくない)

とりあえず両面確定クリに使える4凸2本は必ず作成して、あとは片面用にもう2〜3本作成頑張る人は頑張ろう。

別に片面確定クリを目指さない場合でも、渾身要素求めて2本は片面でも入れるとダメ期待値が上がるはず(グリム琴で過去検証したダメージ比較の経験から)です。

ゼカリヤ(アバ琴)

ゼカリヤ (楽器/闇属性)
HP:350 / ATK:2330 (Lv150時)
奥義『プロフェシー・サウンズ』
闇属性ダメージ(特大)/味方全体の防御UP(累積/最大30%/永続)※/再生効果(600)
※ランバージャックの落葉焚きや4凸サテュロスの累積攻防UPと同枠(上限共有)
スキル1:『黒霧方陣・渾身II』
闇属性キャラのHPが多いほど攻撃力が上昇(大)
スキル2:『黒霧方陣・守護』
闇属性キャラの最大HP上昇(小)

参考:Gamewith

闇属性の方陣フィンブルことゼカリヤ(アバ琴)

闇はマグナも神石も背水一強ですが、今回のゼカリヤ実装によりマグナでも渾身軸を組みやすくなりました。渾身やりたかったらハデスでフォールン複数って感じだったのが、ゼカリヤによりマグナに可能性が与えられた形です。

まぁ何より水ゾを抜く選択肢がマグナで与えられたっていうのがポイントですね。

ちい

闇マグナはアバ杖で奥義ダメが出やすいので、ゼカリヤの渾身は結構嬉しいです。背水は通常軸が主流で、奥義で背水は若干使いづらいですから。渾身と奥義の相性はいいです。

アバ杖軸にゼカリヤ・フェディエル武器を含めた渾身奥義編成はもちろん、アバ銃軸にゼカリヤ含めた渾身技巧編成の可能性なんかも面白そうです。アバ銃が意外と活躍するんじゃね?って個人的に思ってて試してみたいですね〜!

とりあえず4凸1本作成しておけば、いろいろな編成に混ぜて楽しめるかと。2本までは作る価値はありそうですが、闇は武器枠がカツカツなため、2本目を使う機会はかなり少なくなりそうです。

新マグナⅡ武器の必要本数とドロップ率(感覚)

暫定評価でも少し触れてますが、ぱっと見でもわかりやすくするためまとめます。

新マグナⅡ武器の必要本数(筆者目線)

名称必要本数(筆者目線)おすすめ(2020/9現在)
ニーラカンタ(シヴァ杖)4凸1〜3本?4凸2本
スピリット・オブ・マナ(ロペ拳)4凸1本〜?4凸1本
極神剣(ゴブロ剣)4凸1本4凸1本
輝羅煌閃杖(グリム杖)4凸1〜2本?4凸2本
炎の柱(メタ槍)4凸2〜5本?4凸2本
ゼカリヤ(アバ琴)4凸1〜2本?4凸1本

ちい

とりま全種4凸1本(光は2本)の作成をゴールにして、それからは世の中の流行に合わせて集めていけばいいんじゃないかな?

新マグナⅡ武器のドロップ率(筆者感覚)

2020年9月現在、急ぎで欲しいメタトロンと古戦場前なアバターだけ15連を2回、後は自発のみという状況でツイートの通りのドロップ結果です。

結構ドロップ率は渋く、(私は引退してたので知りませんが)旧レガリア武器のドロップ率だったり、マジェスタスのドロップ率に近いと噂されています。つまり、ドロップ率は相当低く設定されている模様で、気長に集める(長い目で見る)のがよろしいかと。

ちい

すぐに集め切りたい(炎の柱とか)場合は、連戦のみならずツイッター救援に貼り付いてひたすら青箱を掘る努力は必須でしょう。

とりあえずメタトロンだけは毎日連戦して、後は古戦場に合わせて連戦にしたり自発のみにしたり、各自疲れない程度に日課を考えるといいかな。ただ、どんなけ忙しくても毎日自発だけは最低するのをおすすめしたいです。

栄誉交換(6000/在庫2)はするべき?どれがおすすめ?

新マグナⅡ武器のドロップ率が低いため、栄誉交換をする価値はどれも高めです。

ですが、まだ旧マグナⅡ武器が集め終わってない場合や、他に栄誉交換したいものがあるうちは優先順位を低くしていいかと思います。

理由は、旧マグナⅡ武器を集めている間にドロップで揃う可能性があるのと、新マグナⅡ武器はどれも在庫復活がない&急ぎで集めなくても基本なんとかなるからです。

ただ、炎の柱だけは少し急いだ方がいいですかね。

最初のドロップまでがなっかなか大変そうなのを考えると、1本栄誉で交換して各自実装させる(武器図鑑に載せる)と感覚ドロップ率が上がる気がするので、炎の柱は1本だけでも優先して交換してメタ連戦するといいかもしれません。

新マグナⅡ武器についての評価・感想|まとめ

  • 新マグナⅡ武器はどれも革命的なものでした。支配の天秤実装時に開いた神石とマグナの差が再び縮まったため、なんちゃって神石するならマグナしとこう勢力拡大中。
  • とりあえず全種4凸1本(光は2本)最低作っておきましょう。
  • ドロップ率は相当低いので、毎日最低自発(古戦場前属性やメタはできれば連戦)で気長に集めるのをおすすめしたい。頑張る人はツイッター救援等活用しよう!

ちい

ランク200以来のマグナⅡ連戦で結構疲れます。長いことマグナ連戦から離れてるとリハビリがきついですね。

筆者は現状闇古戦場前にゼカリヤは4凸1本完成できる感じなので、とりあえずアバター連戦をキリいい感じまでこなしつつ、満足したら次は古戦場順序的にグリム連戦に移行かな。

あ、メタ連戦は問答無用で毎日なので省いてます(笑)

高ランクが連戦に入ってきて旧マグナ武器集めでの連戦はキツいかもですが、そこは共闘部屋でランク制限のある部屋に入る・作るなどして対応していきましょう。・・・個人的にはランク制限なしの部屋が増えてくれると嬉しいけどね。

終わり!

2 COMMENTS

望月すぅ

記事作成お疲れ様です。
自分は風の高難易度用のティア斧を抜きたくて杖を頑張って集めています!
なかなかドロップしなくて大変です…

返信する
ちい

望月すぅさん、コメントありがとうございます!
私はマグナ5凸実装でルシ装備のティア斧は杖云々なく抜きましたね!(ランクLBもあるのかも)
…グリム沼覚悟しておきます(震え声)

返信する

望月すぅ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください